Fish On 1978年 10月号 雷魚、バス編

Fish On 1978年 10月号
雷魚、バス編



Fish On 1978年 10月号 
Fish On 1978年 10月号

私が見たことの無かったこの雑誌
主に関西方面で流通していたものっぽい。
今回は雷魚とブラックバスの
記事を紹介しようと思います。


まず、巻頭カラーページの
「ライギョ・フィッシング」という記事
ライギョ・フィッシング

知多半島での
ライギョフィッシングの様子が
レポートされている。

画像を見るとヒットルアーは
1、2枚目はハリソンフロッグ、
3枚目はフラホッパーっぽい。

タックルはスピニングタックル。
ロッド、リールともダイワっぽい。

次にページを進んでいくと
「ルアーの名品紹介」というコーナー
今回はフロッグ特集のようだ。
ルアーの名品紹介 フロッグ特集

上段右はガルシアフロッグ、
コーモランのかへるくんは
これのコピーだろう。

中段右はハリソンスーパ-フロッグ
下段左はスナッグプルーフの
オリジナルフロッグ。
今はオリジナルフロッグといってますが
当時は、ただの
スナッグプルーフ社製の
フロッグだったような。

当時はハリソン、ガルシア、
スナッグプルーフの三つ巴でした。

この後、
少年の味方?かへるくんや
国産の雄
ヒックリジョーなどが活躍していく。


そして、この号の特集は雷魚。
特集 ライギョ・フィッシング研究ということで
結構ページがさかれている。
ライギョ・フィッシング研究

雷魚を釣り上げた少年。
服装がいかにも昭和だ。
1978年頃のライギョ釣り

知多LA ライギョ・ダービー中間報告
(J.L.A.A.ではない)
知多LA ライギョ・ダービー中間報告

名古屋近郊の
ライギョの釣り場も多数紹介されており
豊橋市の大池と
下記で紹介されていた
海部郡大治町のライギョ釣り場は
ページを大きくとっていました。
海部郡大治町のライギョ釣り場

次は兵庫県小野市の北池での
バスフィッシングリポート。
1978年頃のバス釣り

管理池らしく入漁料がいる池のようだ。
プラスチック製のストリンガーが使われている。
当時はマス類に限らず
バスや雷魚にもストリンガーを
使用することも珍しくなかった。

私が初めてバスを釣ったのは
1987年頃だったので
流石にストリンガーを
使用することはなかったが。

次は、
この雑誌では珍しい関東のスポット
雄蛇ヶ池の記事での1枚。
ブラックバス

スチール?製のストリンガーで
石の上?という過酷な状況だが
今のように魚を大切に扱うという概念は
当時の釣り人は、
あまり持ち合わせていない。

日本人の釣りは漁業の延長から
はじまったからだ。

こういう時代を経て、
徐々に日本の
ルアーフィッシングは発展してきた。

話が逸れたので
戻ります。

1978年全日本バストーナメント中間発表。
中間時点で55.8cmがトップ。
1978年全日本バストーナメント中間発表

琵琶湖などがまだ入っていないのが
時代を思わせる。

中間グラビアの
東播でのバス&ライギョの記事。
東播でのバス&ライギョ

地元アングラーの噂になっていたという
黄金雷魚。
アルビノが入っているのか、
それとも普通の種類と違うのだろうか?
黄金ライギョ

奥付
Fish On 1978年 10月号 奥付

今回はこれにて。
折を見て
他の釣り編と広告編を紹介致します。



応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪


[ 2017/05/30 01:18 ] ノスタルジア、あの頃 | TB(0) | CM(2)

し~ん の巻


朝から曇った天気。

いつものドピーカンと違い
釣り易そうな陽気に
樹液に誘われるカブトムシのようにO池に。

バスが好調のようなので
私もまずはバス狙い。
雷魚がいそうなところは
タックルを換えて狙うべく、
雷魚のタックルも持ち2刀琉。

しかし反応ないまま進んでいくと
先行者の姿が。

まだ離れているので
そのままバス狙い。

暫くして「すてねこさん」とお声が。

クマさんだった。

話を聞くと、もう2匹あげているという。

クマさんが叩いてきたあと。
望みは薄いので
クマさんと違うアプローチで狙うべく
何十年ぶりかでジグスピナーを投げてみたが、

そんな甘いものでなく・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


真ん中あたりの葦地帯に到着。
前回雷魚を釣った場所なので
雷魚狙いのタックルに換える。

しかし、クマさんが撃ったあとに
撃ち漏らしないようで・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


釣れる気配が無いので戻って
ジグスピナーで道路側の浅瀬を
撃っていくが反応無く
水門のところまできてしまった。

ここは少し水深があるので
ネコリグをやってみるが・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

晴れあがってきて
暑くなってきたので
諦めて帰途につくべく
クマさんに挨拶しにいくと
「帰るので、吐き出しの方どうぞ」と
薦められる。

そちらは手付かずということで
まだお昼まで時間があるので
やらせて頂くことに。

しかし、全く反応ない。

ここまでくると
どうしても
1尾姿が見たくなってきた。

葦原を撃ち進む。
さながら、死の行進だ。
いつだって涙目


すると、ここで奇跡が!

岸際に雷魚発見!

ハケ━━Σ(σ`・ω・´)σ━━ン!!

しかし、雷魚もこっちを

ハケ━━Σ(σ`・ω・´)σ━━ン!!

す~っとバック泳ぎで消え去った・・・
気絶


近辺を撃ちまくるも
姿も反応もなく玉砕。

サクラチル・・・・
小林里乃

この時のクマさんの記事を読みたい方は下記からどうぞ。


お先に失礼しました・・・・: 穏やかなることを学べ・・・釣り日誌


応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログ ダム・野池釣りへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪

[ 2017/05/24 02:02 ] 淡水ルアー | TB(0) | CM(2)

雷魚は釣れたが写真が・・・ の巻


O池釣行~

まずはバスを狙ってみるも×

雷魚に変更。

本池、葦中でヒット。

先日のより小さい62cm
ライギョ

左側にワームフックが見えます。
ヒットルアー:名称不詳リザード
ライギョ

撮るのにあせって、
3枚とも変な画像になってしまいましたが
この画像が一番ひどかった。
ライギョ

頭切れてるし!
しょぼん130613-0136180754-s.jpg



応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログ ダム・野池釣りへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪

[ 2017/05/23 00:08 ] 淡水ルアー | TB(0) | CM(2)

酒を飲んでも飲まれるな、ラインチェックは怠るな の巻



O池に10時過ぎ到着。

雷魚狙いで撃っていくも
途中まで反応無し。

しかし、突然ガボッ!ときた!


よぉ~し!
と思ったとたんバラシ・・・・

少し離れたところでもガボッ!

今度は寄せて、
手前まできたところで
まさかのラインブレイク・・・

うそ?と、
ヒラヒラ舞うラインを見つめる・・・

ラインをチェックすると
ところどころザラザラになっている!

このリール、海釣りのヘチ狙いにも使っており
堤防ギリギリを落としているのだが、
堤防のイガイとかに当たるのか
よくラインの途中がザラザラになるのだ。

前回(鹿島港、サメ祭り の巻)で、
ドンコ、イセエビ狙いの竿に使用した時
傷ついていたらしい・・・

基本的なことで
大切なチャンスを逃してしまう。

今回はまだいいが、
メモリアルな1尾を掛けたときに
後悔しないよう気をつけよう
と思いつつ
ラインを引き出しチェック、
2~3mカットした。

その後、違う場所で
ガボッをきたものの、またバラシ。

合わせ方が甘いのかもしれないと
次のガボッ!で強くあわせる。



やっと、とれました。
12時3分、66cmの雷魚デス。
雷魚

ヒットルアー:ギドバグ
雷魚

今年初の雷魚となりました。
雷魚

このあと、
先行者がいて去ったあとに
前回バスを釣った所を
狙ってみましたが反応無く。

この日は暑く、
汗も止まらなくなってきたので
納竿。

P.S. 自分が使ってるスピニングは
全て、傷に強いフロロが巻いてあるのですが
今回の件をうけて、
毎度、ラインチェックするのはもちろん、
ベイトにもフロロのショックリーダーを
付ける事にしました。

大事な報告




応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログ ダム・野池釣りへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪

[ 2017/05/22 00:39 ] 淡水ルアー | TB(0) | CM(4)

やっと、手にしたバス の巻


小雨ぱらつくなか、
ガソリンを入れにセルフスタンドへ。

そのあと、精米所にて
玄米を精米。
糠を少し持って帰る。

そしてディスカウントショップで
買い物したあと、
お昼近くなってしまったが
O池を覗いてみることに。

小雨はやんだものの
ぐっと気温が下がったので
まぁ、釣れはしないだろうと
思ってはいたが・・・

雷魚を狙うも
やはり気配すらなく。

バスがいたという
クマさん情報に期待し、
バスタックルでバス狙い。

この気温では、いたとしても
釣れはしないだろうと
思いつつも、
淡い期待を抱きつつ
まずはラバジを撃っていく。

釣れる気がしてないので
待ちも無く
ポンポン撃って
チャッチャッとピックアップ。

流れのある場所に来たので
ラバジからスピナーに変更。

撃ちながら登っていくと
ラインが横に走り
ルアーが持っていかれた。

ばれないでくれ~の一心で必死・・・

12:30、今さらながら
今年初となるブラックバスは
痩せ気味の38cmでした。
ブラックバス

ヒットルアー:ダイワ ブラッキー
ブラックバス


この固体、右目が白濁していました。
傷が付いて病気になったのか
水質が悪くて白濁してしまったのか?
ブラックバス

今年初のバスであり、
今年初のO池での魚となりました。



応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログ ダム・野池釣りへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪


[ 2017/05/18 00:03 ] バス釣り | TB(0) | CM(4)