フィッシング 1969年12月号 海釣り編

フィッシング 1969年12月号
海釣り編



今回は1969年の
フィッシング12月号に掲載された
海釣りの記事を紹介します。
フィッシング 1969年12月号表紙


荒れ狂った八丈の磯

八丈小島に渡島する予定だったが、
風速15mの強風の為断念、
本島の釣行となった。
荒れ狂った八丈の磯

雨と強風の為釣果はクロソイ2尾と
ブッチメという結果となっている。
(画像では黒鯛となっているが、本文ではクロソイとなっている。)

謎の魚とされていたブッチメ。
ブッチメ
縞模様がはっきりしているからハマダツだろうか?


キャスティング教室 2
キャスティング教室

岡野寿利氏指導による
キャスティング教室。

受講者は学習院大学竿友会の
石井春夫さん、高塚早規子さん。
キャスティング教室 2

キャスティング教室 連続写真。
実際の雑誌では、7枚の連続写真となっている。
キャスティング教室 連続写真


モデル:高塚早規子さん。
女性キャスター 1

女性キャスター 2


30人のベテランが明かす
当りと合わせ そのカンどころ(原文のまま)
という特集から

千葉磯釣倶楽部会長
江口巌氏による投げのスズキ釣りの記事。
スズキ釣り
ドジョウ引き仕掛けは、
当時ポピュラーだった
玉子浮きを使用したもの。

ルアーは、バケ、弓の他、
当時のヒットルアー、
アブキラーの名があげられている。
現在と違い、自重も軽いルアーなので
オモリを使用している。

釣りによってどのリールを使うか
という記事から、リールの種類の画像。
リールの種類
今ではあまり見かけなくなった
横転リールの画像もある。



応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪


関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/08/14 10:49 ] ノスタルジア、あの頃 | TB(0) | CM(2)

お久しぶりでございます)^o^(

またまた、懐かしい記事を引っ張りだしまし

たね~(笑)。

そしてまたまた突っ込みどころ満載の記事・・・

それにしても、投げ釣りの女性すごいです。

太さからすると、当時の遠投用の竿に、しっかり

錘までのたらしも取って・・・

そーと―の力の持ち主だったのでしょうか・・・?

当時のリールは性能も悪く、クローズドフェイスなんか

少し太い糸まくと、全く投げられない代物でしたし、横

転式なども、巻取りが遅く、これまた投げる気にならない

リールでした。

両軸もスプールが重すぎてバックラッシュの山だったし

竿は太くて重かったし・・・・・

ものすごい道具で釣りしてたんだな~と思います。

という自分は、たぶん竹のつなぎ竿でフナなんか

釣ってた時代。リールなんて持ってなかったですけど。

でも、逆に言えば、それでも魚は釣れていたんですね

自然も豊だったのでしょうか・・・・

本日スーパーで、新さんま見ました・・・・

小さッ・・・細ッ・・・・

ビックリです。

天気も変だし、なんか変ですよね~。

魚は益々少なく釣れなくなり道具だけがハイテク

化、高額化していく・・・

そんな気がしてやみません。


PS ・О池も全く気配が消えました(鯉除く)

ますます意気消沈していく今日この頃・・・

です(´;ω;`)。




[ 2017/08/18 13:57 ] [ 編集 ]

クマさん江

> お久しぶりでございます)^o^(

(´∀`*)ノ どもども。

> またまた、懐かしい記事を引っ張りだしましたね~(笑)。

釣りに行けないので記事を作るのに必死です。
淡水編で、あと1回ひっぱります。( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

> そしてまたまた突っ込みどころ満載の記事・・・
> それにしても、投げ釣りの女性すごいです。
> 太さからすると、当時の遠投用の竿に、しっかり
> 錘までのたらしも取って・・・
> そーと―の力の持ち主だったのでしょうか・・・?

豪快で綺麗なフォームですよね~

> 当時のリールは性能も悪く、クローズドフェイスなんか
> 少し太い糸まくと、全く投げられない代物でしたし、横
> 転式なども、巻取りが遅く、これまた投げる気にならないリールでした。

私も横転式持ってたんですが、
どこへいったのか?

> 両軸もスプールが重すぎてバックラッシュの山だったし

両軸が一番進化したように感じますね~

> 竿は太くて重かったし・・・・・

ごつかったですよね。

> ものすごい道具で釣りしてたんだな~と思います。

今思うとですよね。
そんな道具でも、当時は嬉しかったものです。

> という自分は、たぶん竹のつなぎ竿でフナなんか
> 釣ってた時代。リールなんて持ってなかったですけど。

一番最初はみんなそうでしたよね。
クチボソ釣っても嬉しかったんだから。

> でも、逆に言えば、それでも魚は釣れていたんですね
> 自然も豊だったのでしょうか・・・・

あっちこっちに小川や野池があったのを覚えています。
私が覚えている野池などは、
ほとんど無くなってしまいました。

> 本日スーパーで、新さんま見ました・・・・
> 小さッ・・・細ッ・・・・
> ビックリです。

中国なんかが獲りまくってるのも関係あるんですかね~

> 天気も変だし、なんか変ですよね~。

雨多くて困っちゃいましたよ。
作物も、日が照らないと育たないし、
病気も入っちゃう。

> 魚は益々少なく釣れなくなり道具だけがハイテク
> 化、高額化していく・・・
> そんな気がしてやみません。

ま~、そうなるでしょうね。
釣り場も少なくなってくるし、
反して、釣り人口は増えてますから・・・

> PS ・О池も全く気配が消えました(鯉除く)

鯉・・・(@´ω`):;*.':;ブッ

> ますます意気消沈していく今日この頃・・・
> です(´;ω;`)。

O池、盛り返す日は、いつくるのか・・・・(´;ω;`)ブワッ
[ 2017/08/20 23:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://juicyfruits.blog22.fc2.com/tb.php/532-6db52013