Fish On 1978年 10月号 広告編

Fish On 1978年 10月号
広告編


今回がラスト、広告編です。
巻頭から気になる広告をピックアップしていきます。

まずは
オリムピックの
グランドゼブラ300
グランドゼブラ

ゼブラ、ゼブラジュニア、
グランドゼブラのラインナップになっており、
グランドシリーズは100~400番となっている。

オリムピックゼブラ ご愛用者プレゼント。
オリムピックゼブラ ご愛用者プレゼント

リールのほかにロッド、クーラーがあるようだ。
ロッドはゼブラアマゾン、ゼブラキューバなど
国シリーズのロッドを継承?したものも
ラインナップされている。

ABU日本発売20周年広告。
アブの日本総代理店だった
エビスフィッシングの名前もみてとれる。
ABU日本発売20周年広告



紀州グラスロッド。
紀州グラスロッド


EAGLE CLAW BLUE DIAMOND
代理店はトーマック商会。
EAGLE CLAW BLUE DIAMOND


FriskyFly, DickNite。
これもトーマック商会が輸入販売。
1978年のトーマック商会のカタログを見てみると
当時バグリーのルアーなども手がけていた。
FriskyFly, DickNite

ビックリ2号。
昔の雑誌によく載ってた、この手の商品。
超音波集魚器。
ビックリ2号

今、ググッて、
この手の商品を使用した方の
ブログを拝見させていただくと・・・
いわずもがな・・・


ダイワ
Sportmatic GS, Spinmatic GS
Sportmatic GS, Spinmatic GS


天狗釣餌本舗。
天狗釣餌本舗


川合物産株式会社。
川合物産株式会社


バークレイのトライリーン。
(下部にはメダリオンの広告)
デュポンのストレーンと人気を2分していたが
ストレーンのが優勢だったか。
他にアブのアブロンというラインもあった。
Berkley Trilene


ボンガイド BNHG。
富士工業の広告。
昔、よく見た赤と白のセラリングではなく
アルミナというファインセラミックを使用した
フジハードリング使用。
ボンガイド BNHG

割烹旅館みはらし荘。
鯉、ヘラの釣り掘りなんでしょうか?
屋内でも釣りができるようです。
割烹旅館みはらし荘


リョービ MAX SERIES
当時のリョービのハイエンド機。
スプールに桐の絵柄、ボディには鳳凰のレリーフと
デザインにも気合が入っている。
RYOUBI MAX SERIES




応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪


関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/06/16 02:18 ] ノスタルジア、あの頃 | TB(0) | CM(2)

お久しぶりのお邪魔でございます

またまた懐かしい記事ですね。

グランドゼブラはわかりませんが・・

その前のゼブラは使った記憶があります。

当時はダイワ派だったらしく(亡くなった父が

竿を買っていた)オリムピックは少なかったです。

ABUなんてリアドラグの妙にカクカクした

デザインが目新しかったですね。

最近あまり目立たなくなった『がまかつ』『さくら』なんて

のもありました・・・

今手私の手元にあるのはほとんどが20年以上前の

タックルが多く、使うにも勇気がいります。

結構丈夫なんで使用には耐えるのですが、破損

したらそれまで・・・ですし・・・

使用感は、今の格安タックル並みだし・・

時々引っ張り出して昔を懐かしむ・・・

その程度が良いのでしょうか?

それにしても・・・

最近のタックルは高すぎませんか?

複雑すぎる気もしますし・・・

きちんとメンテ出来て、30年後も

オールドタックルとして現役で使えれば

本当の名機となるのでしょうけど・・・

今の時代果たして・・・できるのでしょうか?



[ 2017/06/18 22:02 ] [ 編集 ]

クマさん江

> お久しぶりのお邪魔でございます

どもども! (´∀`*)ノ

> またまた懐かしい記事ですね。

昔のネタが好きでスイマセン・・・(∀`*ゞ)エヘヘ

> グランドゼブラはわかりませんが・・
> その前のゼブラは使った記憶があります。

私も普通のゼブラでしたね。

> 当時はダイワ派だったらしく(亡くなった父が
> 竿を買っていた)オリムピックは少なかったです。

ほうほう。(・д・)
やっぱり、お父上も釣りをしていたんですね。
うちもそうです。
やはり亡くなってますが。( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

> ABUなんてリアドラグの妙にカクカクした
> デザインが目新しかったですね。

高嶺の花です。

> 最近あまり目立たなくなった『がまかつ』『さくら』なんて
> のもありました・・・

がまかつはまだしも、
さくらは知らない人もいるかも。

> 今手私の手元にあるのはほとんどが20年以上前の
> タックルが多く、使うにも勇気がいります。
> 結構丈夫なんで使用には耐えるのですが、破損
> したらそれまで・・・ですし・・・
> 使用感は、今の格安タックル並みだし・・
> 時々引っ張り出して昔を懐かしむ・・・
> その程度が良いのでしょうか?

いや、それを普通に使ってるのって
好きな人から見ると
めっちゃカッコイイと思いますが
若い人から見ると???なんですかね。

クマさんのように使える状態で
タックルを維持している方も少ないと思います。

お金に余裕ができて
昔の機種を購入して
直して使う方も多いですし。
それもまた楽し でしょうね。

私は、そういうブログを読むのも
好きなんで。
あと、オールドタックルをえぐる記事も好きですね。

> それにしても・・・
> 最近のタックルは高すぎませんか?

ほんと、私たちが子供の頃の
アブみたいな感じです。
あの頃より、豊かになったんでしょうね。

> 複雑すぎる気もしますし・・・

選択肢も多いですしね。
どれを使えばいいのか迷うほど。

細分化も凄いし。
狙う魚も、今では幅広い。

情報も凄い量、入ってきますしね。

> きちんとメンテ出来て、30年後も
> オールドタックルとして現役で使えれば
> 本当の名機となるのでしょうけど・・・
> 今の時代果たして・・・できるのでしょうか?

昔のがシンプルで頑丈なんで
直しやすいというのもあるでしょうが、
今の機種もフラッグシップモデルなんかは
ずっと使えそうな気もします。
ただ、愛着を持って使い続ける人は少ないでしょうね。
私以外は
あの頃より豊かになりましたから。( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
[ 2017/06/22 23:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://juicyfruits.blog22.fc2.com/tb.php/527-c2f6bdd1