スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オールドダイワ スピンキャスト30DX

スピンキャスト30DX


SPINCAST30DX


■スプール:径47ミリ 幅8ミリ
■重量:270グラム
■釣力:7キロ
■ギヤ比: 1:4.1
■糸巻量: 2号-110m:3-80:4-60:5-40

SPINCAST30DX

実家に行った時、

弟から譲ってもらいました。

子供の頃、兄弟でコレを持っていて、

弟のは生き残ったようです。

当時、弟は海釣りするのにもコレを使い、

ジェット天秤とか投げてましたから、

状態的にはかなり悪いですが、

未だに動きます。


調べてみあたらこのリール、

DXは無いようですが、

普通のヤツは

スピンキャスト ST-30として、

未だに現役なんですね。


当時のロッド(オリムピックLureCasting180)と。
スピンキャスト30DX


傷だらけですが、上から。
スピンキャスト30DX

下から。ジャパンと刻印されています。
スピンキャスト30DX


ダイヤル式ドラグ
スピンキャスト30DX

リリースボタン。
ここも現行型と違うみたいですね。
スピンキャスト30DX


左サイドにエンブレムがついているのも

旧型の証。
スピンキャスト30DX


フェイスカバーのラインホールも

旧型のが小さいようです。
スピンキャスト30DX

フェイスカバーの中。
スピンキャスト30DX

DXの証はハンドルについた

このサミングダイヤル。
サミングダイヤル


普段はこんな感じですが、
スピンキャスト30DX


ラインを巻き取る時には

このように左側に動きます。
スピンキャスト30DX

このサミングダイヤル、

これで魚とダイレクトにやりとりすると

広告には書かれてますが、

手動のドラグって感じなんでしょうね。

全く、使うシチュエーションがわかりませんが・・・


一応バラして洗浄、グリスアップはしました。
スピンキャスト30DX

スプールには白い粉が

ビッシリ付いていました。
スピンキャスト30DX

この白い粉はなんだったのか???

あと、上記の画像で見るとわかるのですが、

スプールのふちに付いている石綿?

のようなもの上と下にあったのですが、

上のはボロボロととれてしまいましたので

上の画像では、上のふちに溝が見えています。


とれた謎のパーツ。摩擦軽減の為のパ-ツか?
スピンキャスト30DX

適当なラインが1.2号と5号しかなかったので

5号を巻いて組み上げました。

実戦投入の際には3号でも巻きなおします。


US仕様ではゴールドキャストと呼ばれているようです。

組上げ時には海外のサイト?にあった、

GOLDCAST308RLの展開図を参考にしました。

一応、無事スムーズに動いております。

最後にスピンキャストの広告と、

書かれている仕様を載せて終わります。
1977.11フィッシング (10)

■左右両用RLシステム
■全機種ボールベアリング採用
■メモリー付きダイヤルドラグ
■ストッパーON/OFF切り替えレバー
■全機種替えスプール付き
■ギア比1:4.1でピン方式
■高耐蝕性アルマイト処理スプール
■サミングダイヤル(DXのみ)
■RL用屈折ハンドル(DXのみ)
■ドライブギア両端支持方式




応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村


応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/01/02 14:51 ] オールドタックル | TB(0) | CM(4)

ご無沙汰してます。メーカーは違いますが私も小学生の頃、オリムピック製のクローズドフェイスリールをベイトロッドにつけて使用してました。当時はダイワのファントムと言うベイトリールにマグフォースと言う画期的なブレーキシステムが搭載され、小学生には手の出せない代物だった記憶があります。
[ 2012/01/05 12:45 ] [ 編集 ]

単身赴任さん江

いつも、コメントありがとうございます。(*⌒▽⌒*)
スピンキャスト30DXの頃の
オリムピックだと、ストリーマーか、オリムペットですかね~
私の持っている1978年発行のパーフェクト釣具カタログ
(http://juicyfruits.blog22.fc2.com/blog-entry-119.html)には、
まだファントムシリーズは載ってませんね。
ファントムの第一号は国内では1979年のようです。
国内ではマグサーボ(海外では最初からマグフォース)で始まってますので、
単身赴任さんが小学生の頃の話のはマグサーボかもしれませんよー
(違ってたらすいません・・・)
ファントムシリーズは竿のみ持っています。
1989年頃のモノカーボのMC-562-3FSというスピニングロッドと
1991年頃のクロスカーボのパシフィックファントムCC-1204T-4FS。
(http://juicyfruits.blog22.fc2.com/blog-entry-91.html)
どちらも今でも使える状態で手元にありますー。
[ 2012/01/05 18:42 ] [ 編集 ]

返信有難うございます。

そうそう、マグフォースでなく、マグサーボでした。
小学生の私にベイトリールは手に負える代物では無かったので。
ラインも今のように多様なメーカーでなく、ストレーンが一種の
シンボル的でしたので・・・。
実は今も高校生の時に購入したダイワのベイトロッド
(ファントムでアモルファスウイスカー、5,6フィート)があるのですが
ガングリップからダブルハンドルに改造し、ガイドは全て取り払い、
FUJIのマイクロガイドシステム一式を注文したところです。
私に5,6フィートは短いのですが、息子には丁度良い長さかな?
と思い、完成したら渡そうと思ってます。
因みに、ダイワのロッドはシマノのバンタム100と組み合わせて
高校時代は使用してました。
[ 2012/01/05 22:22 ] [ 編集 ]

単身赴任さん 江

お返事、コメントありがとうございます。(=´∇`=)

私がベイトリールを買ったのは社会人になってからです。
昔は高かったですからねー
今は安くなっているから小学生でも手が届きますよね。

ストレーン、今でも持ってますよ。
淡水小物の餌釣りに使用してます。
イエローのやつです。
今考えると、こんな弱いラインで釣ってたんだなーって感じです。

昔のロッドも単身赴任さんのように手を加えて使ってもらえると嬉しいでしょうね。
息子さんも釣りをやられるのかな?
羨ましいです。
うちは女の子なので興味が無いようです。
何度か連れて行ったんですが・・・(´;ω;`)ウッ
妻も結婚する前は、よく一緒にバスを釣ったりしてたんですが、
今は誘っても、全く反応無しです。(´;ω;`)ブワッ

ロッドとリールが別メーカーはあるあるですねー
このスピンキャストもオリムピックの竿と組み合わせてましたし~
イマデモ?( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
[ 2012/01/07 00:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://juicyfruits.blog22.fc2.com/tb.php/216-e42b3680
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。