1978年のNFTのカタログ

NFTのカタログ


1978年のNFTのカタログ
1978年NFTカタログ

今は無きNFT
(日本フィッシング・タックル株式会社)
のカタログ。

1995年にシマノに吸収合併される。

シマノはNFTのブランドを残す

という契約で買収を行ったそうで、

当初は、

シマノとNFTとしての両方の名前が

カタログに記載してあったそうです。
(2000年頃まではシマノの中でNFTブランドとして竿を出していたそうです。)

シマノの竿の技術力は

NFTを吸収したことで

飛躍的に向上したようですね。


このカタログには、

25年の竿作りと記されているので、

1953年頃創業なのでしょうか?
1978NFT (1)


ルアー・フライロッドと

キッズ用投げ竿、万能竿。
1978NFT
1978NFT (3)
SPはスピニングロッド、

SCはピストルグリップ、

SCだからスピンキャストか?

投天狗はキッズ用投げ竿。

天狗小僧はキッズ用万能竿。

スタンダードな投げ竿は、

スピンジョイシリーズと

スピンシリーズ

振り出し投げシリーズ

が載っています。

遠投用としては

Hiシリーズが載っていて、

ガイドやリールシートが付いてない

ストリップ仕様も

カタログに載っています。


この頃のNFTのカーボンロッドは

カーボンファイバーと

グラスファイバーを組み合わせて

採用する製法をとっており、

竿の用途別と製品の部分別に分け、

その特性が

要求される箇所に集中的に

採用する設計を

とっていたようです。

また、磯上物竿や小継竿には

ポリエステル素材のものも

掲載されています。


このカタログには

自社製では無いものの

リールも掲載されています。


D・A・M  Quick800B
D・A・M  Quick800B


Champion Multipling Reel シリーズ
D・A・M Quick Champion Multipling Reel Series

D・A・Mの輸入代理店

だったんでしょうね。


D・A・M  Quick800Bの

えぐり記事も発見。


話は戻ります。

スピニングリールも

ラインナップされていました。

D・A・M Quick
Champion Spinning Reel

D・A・M Quick Champion Spinning Reel

ラインナップ。
D・A・M Quick Champion Spinning Reel Series
未だにこのシリーズは

継承されておりました。

Quick 1000-4000 FD

1978と書かれているのが

このカタログに載っている初代です。


インスプールの

Quick Finessa
D・A・M Quick Finessa


ラインナップ。
D・A・M Quick Finessa Series

最後にD・A・MのHPを

リンクしておくので

興味のある方はどうぞ。

※D.A.M. ( Neue Deutsche Angelgeräte Manufaktur Int. )
ドイツの釣具メーカー



※追記

このカタログに載っている
他の竿の画像の記事を書きました。
下記リンクからどうぞ。
NFT CATALOG '78



応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪


関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/09/03 10:42 ] ノスタルジア、あの頃 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://juicyfruits.blog22.fc2.com/tb.php/184-6bfccb19