FC2ブログ













メップス コメット 28万円? の巻


アマゾンでルアーを検索してたら・・・

Toby 2万円台・・・
Toby

HI-LO 2万円台、一部は6万近く・・・
HI-LO

meppsで検索かけたら
コメット意外はバカ値・・・
ブラックフューリー 4万超え、
名品だが、ただの金属片サイクロプスが14000円・・・
mepps

mepps


28万もするコメット登場・・・
mepps

ちなみに、普通の価格のコメットや
ブラックフューリーも販売してます。
mepps

トビーは検索にかかる価格で一番安いのが17510円でした。
ハイローは、上記の3品意外はヒットしませんでした。
2018/02/28現在。



2万円もするトビーは怖くて投げれません・・・




ハイローだってロスト怖い・・・・


4万円台のブラックフューリー、




28万越えのコメットの使用感想お待ちしております。



※お詫び:28万越えのコメット、商品リンクをつけようと思ったら無くなってました。
売れたのか??? 代わりに7万円台のコメットを載っけておきます。




応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪

スポンサーサイト
[ 2018/03/01 00:03 ] 釣りに関すること | TB(0) | CM(2)

ルアーフィッシング日本の鮭鱒釣り 中編

ルアーフィッシング日本の鮭鱒釣り


前々回の続きですが、
ここからは、
購入したくなったきっかけとなる画像が出てきます。

第2部 歴史と道具。
歴史と道具

日本のサケマス釣りとタックル。
日本のサケマス釣りとタックル
子供の頃はこういうタックルボックスに憧れて
手に入れたときは嬉しかったものです。


トビー。
あまりにも有名なスプーン。
今、見ても、
あの頃を思い出させるスイッチを持っています。
あの頃のルアーの入門書には
必ずと言っていいほど
載っていたのではないでしょうか?
私も何枚も購入しました。
子供の頃に購入したものが今でも1枚残っています。
下記参照。
Toby(トビー) 人魚はご機嫌ななめ♪
Toby & Flamingo
フラミンゴもあの頃は有名だった一品。


赤白、サリーちゃんパパが、
あまりにも印象的なスピニー。
当時はダーデブルが名前だと思っていた
諸兄氏も多いはず。
私も、その一人。
そもそも、当時の入門書には
ダーデブルと紹介されていた訳だから
少年でなくとも、
ダーデブルと覚えてしまうのは致し方ない。
DARDEVLE's Spinnie
ブランド名がダーデブルで、
サイズやウェイトによってモデル名が付けられている。
一番ポピュラーだったのがスピニーだ。
トビーと並んで、
今でもコピー商品が出回るほどのスタンダード。



ロコルアー、ハスルアー、レトケ。
Loco&HusLure & LATKA
ロコルアーは、当時、
クレイジーアクション・ロコルアーって
覚えてましたね。
販売元のオリムピックが、
クレイジーアクションと
頭に付けたのかもしれません。

ハスルアーは今も現役バリバリの名品。
ハスルアーのハスは魚のハスではないだろうけど、
私もハスルアーでハスを何尾か手にしましたね。

レトケも名品ですが、私には馴染みがないなぁ。
クサモンだとビッケレが最初に思い浮かぶし。



スティングシルダ、オークラ、オーレック。
STINGSILDA & Orkla & Orlac
ここで紹介されているスティンシルダは、
スプーンだが、
当時、有名だったのはジグの方だ。
入門書のジグの紹介では筆頭だった。
大人になってから、
ジグの方のスティングシルダは購入したような気がする。
探せば出てくるかも。

オークラも入門書の常連。
私も当時購入し、今でも手元に残ってます。
ルブレックス オークラ 人魚はご機嫌ななめ♪

オーラックは失礼ながら記憶にありません。
( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ


サラマンダー、クロコダイル、ジョンソンスプライト。
Saramander & Krocodile & Sprite
サラマンダーとスプライトは当時購入したが、
どちらもロストしたようだ。
スプライトは残ってると思ってたが無かった。
ところでスプライトに付いてるプラ板だが、
当時のスプーンにはたまに付いていたが、
どんな効果があるのだろう?

クロコダイルも当時は有名だったが
わたしとは縁がなかった。


メップスのルアー達。
Mepps spinner
メップスのスピナーは名品揃いだが、
当時、購入したのはコメットだけだろうか?
はっきり覚えていない。
コメットは子供の頃購入したものがありましたが
2011年に土浦港でロスト。
今使用してるのは後に購入したものです。
なくなる前に記事にしたのが下記。
Mepps Comet 人魚はご機嫌ななめ♪


ドロッペン、リフレックス、パンサー、ブレットン。
ドロッペンとリフレックスは
当時のアブのスピナーのWセンターだろう。
リフレックスは当時、コピー商品をよくみた。
オリムピックでも作ってた。
名称はわからないがルアーセットのNo.11に入っている。
ドロッペンもコーモランが
コピー商品を出してた。名称:コーン(1979年当時)
コーモはリフレックスのコピーも
ロケットという名称で出してた。
Droppen & Reflex & Panter & Bretton
ドロッペンとブレットンは当時購入した。
ドロッペンは今でも持っていて記事にしたと思ってたが
してないようで・・・
ロストしたのか?
画像は残ってるが、
確認して現物が残ってれば記事します。
ブレットンは当時購入したものはないが
新しく購入したものはあります。
ドロッペンも新しいのはあるのだが。


キラー、ビッケレ、ミノー、ファストバック。
Killer & Vikkela & Minnow & Fastbask
2代目キラーはアブキラーと当時言われ
ジェット天秤や玉子浮きをもちいた
シーバス、ヒラメにも使用された。
左のキラーが初代。
中央が2代目でレーベルのOEM。
だから2代目キラーと
クロスエッジングのレーベルミノーは同じだと思う。
刻印のあるなしの差だろう。

ビッケレは広告ではよく見たが
当時実物を見たことは無かった気がする。

画像のレーベルミノーは新しいものだが
昔からルアーをやってる方が思い出すのは
クロスエッジングのレーベルミノーだろう。
「123の法則」と呼ばれる間隔が異なった
クロスエッジングは計算された効果的な間隔なのだ。
手元にクロスエッジングのあるレーベルミノーが
あるのなら、あなたは幸運だ。

ファーストバック、
この雑誌ではファストバックとなっているが
ファーストバックのが通っているのではないか?
「ダイワルアー・フライ」でも
ファーストバックと紹介されている。
このルアーもシークレットルアーとして
信頼してきた方も多いだろう。
時折見せる爆発力は魅力余りある。

ここで紹介したルアー意外にも
懐かしいルアーが満載なこの本は
中高年アングラーには堪らないはずだ。



応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪







[ 2018/03/12 01:40 ] ノスタルジア、あの頃 | TB(0) | CM(10)