鹿島港貧果 の巻


6月20日、海釣りに。
午後からの出発。
15時過ぎ到着。

いつもどおり、加倉井漁具店で餌を購入。
いつも、満点の餌で満足。

店内を物色するのも恒例。
古い釣具が置いてあり、
見るのも楽しい。

前回店先に無かったものも出るので
チェックはかかせない。

この日も大昔のドデカイスプーン
(ABU の ロートみたいなタイプ)が出ていて
購入するかどうか迷ったが、購入せず。

早速釣り開始。

お店の前の港内を少し探ってみるが
ノーフィッシュ。

ここではヒラメ、
マゴチを釣った事があるので
一応探ってみた。
ここで出たヒラメは、ソゲクラスだったが
スピナーベイトに反応したがヒットしなかったので
ジグヘッドワームでもう一度通したらヒットした。
話が、それたので戻ります。

場所を移動

横提脇で釣り再開。
満潮でかなり潮位が高い。

いろいろな小魚が群れで移動していて
期待が高まる。

15時31分、小メバル
メバル

以下、小メバルが続く。

15時34分、メバル。
メバル

ピンスポットで
小メバルの魚影が濃く、
釣ろうと思えば
いくらでも釣れそうな感じだが
もう夕方近いので
小メバルを相手にしてる時間も惜しいので
釣り歩くことにするも・・・

15時50分、メバル・・・
メバル


16時14分、
ちっちゃいアナハゼ。
リリース。
アナハゼ


16時27分
サビハゼなのか、デキアイナメなのか?
リリース。
サビハゼ? デキアイナメ?

場所を移動

ポートラジオに移動。

17時14分、クジメ。
クジメ

前回、アイナメが釣れた場所は
先客がいて入れず。

ここで来る時購入した
惣菜パンを食べて一服。

その後はアタリなく
釣り園に移動。
場所を移動

前回エビを釣った場所は
エビ師らしき一行が
ずらっと並んでおり断念。
23時頃帰るそぶりがあれば狙いたい。

投げ釣りのほうは
2月に購入した
REGAL-X3000 BRを投入。


REGAL-Z 4050BRと違い
ソルト対応ではないが・・・

さて、ヘチ、投げともに
アタリさえなく
時間だけが過ぎていき
あっちこっち移動するも
大差なく。

ヘチでメバルを釣ったのみ・・・

0時近くなっても
海老師は帰るそぶりも無いため
納竿。

釣果。
ショボイ・・・・
釣果

メバル: 10~13cm 7尾
(途中、メンドイので画像は撮ってない固体あり。)
アナハゼ: 1尾
名称不詳: 1尾
クジメ: 18cm 1尾

釣れないもんで
赤イソメが残ってしまいました~

近いうち行ければ、もう一度行こうかな。

持ち帰った魚は小さいのばかりなので
刺身にしました。
刺身

さて、今回、初投入となった
REGAL-X3000 BRですが、
アタリすらなかった為、
今回はインプレせず、
釣果ありの時にインプレしようと思います。




応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪


スポンサーサイト
[ 2017/06/25 00:11 ] 海餌釣り | TB(0) | CM(2)

Fish On 1978年 10月号 広告編

Fish On 1978年 10月号
広告編


今回がラスト、広告編です。
巻頭から気になる広告をピックアップしていきます。

まずは
オリムピックの
グランドゼブラ300
グランドゼブラ

ゼブラ、ゼブラジュニア、
グランドゼブラのラインナップになっており、
グランドシリーズは100~400番となっている。

オリムピックゼブラ ご愛用者プレゼント。
オリムピックゼブラ ご愛用者プレゼント

リールのほかにロッド、クーラーがあるようだ。
ロッドはゼブラアマゾン、ゼブラキューバなど
国シリーズのロッドを継承?したものも
ラインナップされている。

ABU日本発売20周年広告。
アブの日本総代理店だった
エビスフィッシングの名前もみてとれる。
ABU日本発売20周年広告



紀州グラスロッド。
紀州グラスロッド


EAGLE CLAW BLUE DIAMOND
代理店はトーマック商会。
EAGLE CLAW BLUE DIAMOND


FriskyFly, DickNite。
これもトーマック商会が輸入販売。
1978年のトーマック商会のカタログを見てみると
当時バグリーのルアーなども手がけていた。
FriskyFly, DickNite

ビックリ2号。
昔の雑誌によく載ってた、この手の商品。
超音波集魚器。
ビックリ2号

今、ググッて、
この手の商品を使用した方の
ブログを拝見させていただくと・・・
いわずもがな・・・


ダイワ
Sportmatic GS, Spinmatic GS
Sportmatic GS, Spinmatic GS


天狗釣餌本舗。
天狗釣餌本舗


川合物産株式会社。
川合物産株式会社


バークレイのトライリーン。
(下部にはメダリオンの広告)
デュポンのストレーンと人気を2分していたが
ストレーンのが優勢だったか。
他にアブのアブロンというラインもあった。
Berkley Trilene


ボンガイド BNHG。
富士工業の広告。
昔、よく見た赤と白のセラリングではなく
アルミナというファインセラミックを使用した
フジハードリング使用。
ボンガイド BNHG

割烹旅館みはらし荘。
鯉、ヘラの釣り掘りなんでしょうか?
屋内でも釣りができるようです。
割烹旅館みはらし荘


リョービ MAX SERIES
当時のリョービのハイエンド機。
スプールに桐の絵柄、ボディには鳳凰のレリーフと
デザインにも気合が入っている。
RYOUBI MAX SERIES




応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪


[ 2017/06/16 02:18 ] ノスタルジア、あの頃 | TB(0) | CM(2)

Fish On 1978年 10月号

Fish On 1978年 10月号


前回に続き、
Fish On 1978年 10月号の記事を紹介します。
Fish On 1978年 10月号

今回は
バス、雷魚以外の記事です。

伊良湖岬での投げ釣り。
伊良湖岬での投げ釣り

胸に、~サーフのワッペン、
キャップにはバッチがたくさん。
釣友会に入ってるぽいですね。

写真を撮るときに切れてしまいましたが
右下の投げ竿の竿尻には
今はあまり見ない石突きが付いています。
昔の投げ竿には
砂浜に突き立てる為に付いてました。

この雑誌の画像ではありませんが
私所有の
OLYMPIC HONOLULU・330 の石突き
画像を載っけておきます。
OLYMPIC HONOLULU・330  石突き


愛知県
朝霧フィッシングエリア・オープン三周年大会
朝霧フィッシングエリア・オープン三周年大会


釣り紀行 峠を越えて  篠島
いかにも、昭和の釣り風景であります。
釣り紀行 峠を越えて  篠島

イシダイ仕掛け
イシダイ仕掛け

土地柄なのか、
イシダイの記事も多々見られました。


釣行記 ルアー片手に・・・・
釣行記 ルアー片手に・・・・・

ケタバス(ハス)の釣行記が記されていた。
末尾には、
住所名前電話番号が記載され
釣友の募集などもしている。

昔は文通相手募集なども
よく雑誌に載っており、
住所名前が載ってることもザラでした。

ペンパルとか言う言葉も
よく使ってましたよねぇ。




応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪

[ 2017/06/07 00:12 ] ノスタルジア、あの頃 | TB(0) | CM(2)

Fish On 1978年 10月号 雷魚、バス編

Fish On 1978年 10月号
雷魚、バス編



Fish On 1978年 10月号 
Fish On 1978年 10月号

私が見たことの無かったこの雑誌
主に関西方面で流通していたものっぽい。
今回は雷魚とブラックバスの
記事を紹介しようと思います。


まず、巻頭カラーページの
「ライギョ・フィッシング」という記事
ライギョ・フィッシング

知多半島での
ライギョフィッシングの様子が
レポートされている。

画像を見るとヒットルアーは
1、2枚目はハリソンフロッグ、
3枚目はフラホッパーっぽい。

タックルはスピニングタックル。
ロッド、リールともダイワっぽい。

次にページを進んでいくと
「ルアーの名品紹介」というコーナー
今回はフロッグ特集のようだ。
ルアーの名品紹介 フロッグ特集

上段右はガルシアフロッグ、
コーモランのかへるくんは
これのコピーだろう。

中段右はハリソンスーパ-フロッグ
下段左はスナッグプルーフの
オリジナルフロッグ。
今はオリジナルフロッグといってますが
当時は、ただの
スナッグプルーフ社製の
フロッグだったような。

当時はハリソン、ガルシア、
スナッグプルーフの三つ巴でした。

この後、
少年の味方?かへるくんや
国産の雄
ヒックリジョーなどが活躍していく。


そして、この号の特集は雷魚。
特集 ライギョ・フィッシング研究ということで
結構ページがさかれている。
ライギョ・フィッシング研究

雷魚を釣り上げた少年。
服装がいかにも昭和だ。
1978年頃のライギョ釣り

知多LA ライギョ・ダービー中間報告
(J.L.A.A.ではない)
知多LA ライギョ・ダービー中間報告

名古屋近郊の
ライギョの釣り場も多数紹介されており
豊橋市の大池と
下記で紹介されていた
海部郡大治町のライギョ釣り場は
ページを大きくとっていました。
海部郡大治町のライギョ釣り場

次は兵庫県小野市の北池での
バスフィッシングリポート。
1978年頃のバス釣り

管理池らしく入漁料がいる池のようだ。
プラスチック製のストリンガーが使われている。
当時はマス類に限らず
バスや雷魚にもストリンガーを
使用することも珍しくなかった。

私が初めてバスを釣ったのは
1987年頃だったので
流石にストリンガーを
使用することはなかったが。

次は、
この雑誌では珍しい関東のスポット
雄蛇ヶ池の記事での1枚。
ブラックバス

スチール?製のストリンガーで
石の上?という過酷な状況だが
今のように魚を大切に扱うという概念は
当時の釣り人は、
あまり持ち合わせていない。

日本人の釣りは漁業の延長から
はじまったからだ。

こういう時代を経て、
徐々に日本の
ルアーフィッシングは発展してきた。

話が逸れたので
戻ります。

1978年全日本バストーナメント中間発表。
中間時点で55.8cmがトップ。
1978年全日本バストーナメント中間発表

琵琶湖などがまだ入っていないのが
時代を思わせる。

中間グラビアの
東播でのバス&ライギョの記事。
東播でのバス&ライギョ

地元アングラーの噂になっていたという
黄金雷魚。
アルビノが入っているのか、
それとも普通の種類と違うのだろうか?
黄金ライギョ

奥付
Fish On 1978年 10月号 奥付

今回はこれにて。
折を見て
他の釣り編と広告編を紹介致します。



応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪


[ 2017/05/30 01:18 ] ノスタルジア、あの頃 | TB(0) | CM(2)

し~ん の巻


朝から曇った天気。

いつものドピーカンと違い
釣り易そうな陽気に
樹液に誘われるカブトムシのようにO池に。

バスが好調のようなので
私もまずはバス狙い。
雷魚がいそうなところは
タックルを換えて狙うべく、
雷魚のタックルも持ち2刀琉。

しかし反応ないまま進んでいくと
先行者の姿が。

まだ離れているので
そのままバス狙い。

暫くして「すてねこさん」とお声が。

クマさんだった。

話を聞くと、もう2匹あげているという。

クマさんが叩いてきたあと。
望みは薄いので
クマさんと違うアプローチで狙うべく
何十年ぶりかでジグスピナーを投げてみたが、

そんな甘いものでなく・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


真ん中あたりの葦地帯に到着。
前回雷魚を釣った場所なので
雷魚狙いのタックルに換える。

しかし、クマさんが撃ったあとに
撃ち漏らしないようで・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


釣れる気配が無いので戻って
ジグスピナーで道路側の浅瀬を
撃っていくが反応無く
水門のところまできてしまった。

ここは少し水深があるので
ネコリグをやってみるが・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

晴れあがってきて
暑くなってきたので
諦めて帰途につくべく
クマさんに挨拶しにいくと
「帰るので、吐き出しの方どうぞ」と
薦められる。

そちらは手付かずということで
まだお昼まで時間があるので
やらせて頂くことに。

しかし、全く反応ない。

ここまでくると
どうしても
1尾姿が見たくなってきた。

葦原を撃ち進む。
さながら、死の行進だ。
いつだって涙目


すると、ここで奇跡が!

岸際に雷魚発見!

ハケ━━Σ(σ`・ω・´)σ━━ン!!

しかし、雷魚もこっちを

ハケ━━Σ(σ`・ω・´)σ━━ン!!

す~っとバック泳ぎで消え去った・・・
気絶


近辺を撃ちまくるも
姿も反応もなく玉砕。

サクラチル・・・・
小林里乃

この時のクマさんの記事を読みたい方は下記からどうぞ。


お先に失礼しました・・・・: 穏やかなることを学べ・・・釣り日誌


応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログ ダム・野池釣りへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪

[ 2017/05/24 02:02 ] 淡水ルアー | TB(0) | CM(2)