フィッシング 1969年12月号 淡水編

フィッシング 1969年12月号 淡水編


おひさしぶりです。
釣りに行けてないので
今回は1969年の
フィッシング12月号に掲載された
淡水での釣りの記事を紹介します。

まずは
河口湖のワカサギ釣り
河口湖のワカサギ釣り

続いて
桜川でのタナゴ釣り。
桜川橋と匂橋間で竿をふるう釣り師達。
川沿いにびっしりですね~
タナ師走らす桜川


桜川でのタナゴ釣り

通称 うなぎ屋前
ここも凄い人出です。
桜川でのタナゴ釣り うなぎ屋前

利根水郷大橋でのレンギョ釣り。
利根水郷大橋でのレンギョ釣り


レポートしてくれているのは
淡水大物釣りで有名な
故 小西茂木御大。
故 小西茂木

氏による利根川釣行。
利根川でのレンギョ釣り

ポイントに打ち込んで待つ。
故 小西茂木 御大

来た!
レンギョが掛かった

30分の格闘の末、氏の手に。
釣り上げたレンギョ

ぶらり釣りドライブ
田貫湖のワカサギ釣り。
田貫湖のワカサギ釣り
「ぶらりフィッシング」で有名な
吉田晃生氏による釣行記。
氏によるイラストが楽しませてくれる。

タイトルがぶらり釣りドライブとなっているので
著書、「ドライブフィッシング」に
収録されているのかなと思ったら、
ドライブフィッシングは
ぶらりフィッシングの記事を収録したもののよう。
(ドライブフィッシングは記事にしてなかったので機会があったら記事にします。)

検索してみると
「釣りドライブ」なるものが発刊されているらしい。
知らんかった。
こちらに収録されているのかもしれないですね。
手に入れようにも売ってないようで・・・


養沢川毛針釣り場でのフライフィッシング。
養沢川毛針釣り場

おばさんが普通の格好で釣り上げ、
それを柄の長い玉網でランディングするという
普通の釣り掘り光景・・・
養沢川毛針釣り場でのフライフィッシング

養沢川毛針釣り場で検索したら
養沢毛鉤専用釣場が出てきました。
同じ施設でしょうか。
だとしたら歴史がありますね~

今回で
フィッシング 1969年12月号の
記事は終わりです~

でわでわ、ごきげんよう。




応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪

スポンサーサイト
[ 2017/10/21 16:51 ] ノスタルジア、あの頃 | TB(0) | CM(0)

ニゴイング、まさかの外道 の巻


8/17、軽油を買いに行った帰り
園部川へニゴイングに。

もう、魚の手応えを忘れかけているので
ニゴイ様に感触を思い出させてもらおうと・・・

ダイソースプーンをセット。
いつもどおり、キャスト。

ニゴイ様のこと、
1投目から甘い汁を吸わせてくれるだろう
ニゴイ様


1投目。

沈黙。

2投目。

沈黙。

3投目。

沈黙。

う、うそぉ~ん・・・

4投目も沈黙に終わり、
結果が出るのが早い、
この場所のニゴイングだけに、
ボウズの予感・・・

すると5投目、ゴツゴツと来ました。
「うほっ!、やっぱ、ニゴイ様は裏切らない!」
と巻き巻き。

結構デカイ。

が、いつもと違う感じ、重い。
こ、鯉?

鯉でもOK、カモーンだが、
姿が見えると、

え?ナマズ???

アメナマじゃないナマズ感に、
ばれないでくれ~!と
慎重にファイトする。


鯰ゲットだぜ!
鯰


アメナマじゃない、モノホンの日本鯰だっちゃ。
鯰


人生、初ナマズ。
スリムながら、55cmと、なななかのサイズ。
ナマズ


日本男児?のナマズはスリム。
日本ナマズとアメナマ、
日本人とアメリカ人の体系のようだ。
鯰



ヒットルアー;ダイソースプーン
フックをDANCING JACK 54-Sに換装済
ダイソースプーン


霞ヶ浦水系では、
アメナマが幅を利かせ
日本ナマズは個体数が少ない。
霞ヶ浦の魚たち
魚類(淡水魚) | 霞ヶ浦河川事務所 | 国土交通省 関東地方整備局

故ににリリースしたいが
ダブルフックがガッチリ掛かっていて
フックはずれるかな?と思ったが
ナマズ

雷魚のように上唇と下唇を指で開くと
たいした力も要らず
プライヤーで
簡単にフックがはずせました。

外れなかったら蒲焼だったな。
フックもバーブレスだったし、
やっぱ、バーブはいらね~

無事、川に帰っていきましたが、
その後は何投してもニゴイは姿見せず納竿。

でも、嬉しいにょ。 ☆*′∀`)ノ *:..。o



応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪

[ 2017/08/21 01:26 ] 淡水ルアー | TB(0) | CM(4)

フィッシング 1969年12月号 海釣り編

フィッシング 1969年12月号
海釣り編



今回は1969年の
フィッシング12月号に掲載された
海釣りの記事を紹介します。
フィッシング 1969年12月号表紙


荒れ狂った八丈の磯

八丈小島に渡島する予定だったが、
風速15mの強風の為断念、
本島の釣行となった。
荒れ狂った八丈の磯

雨と強風の為釣果はクロソイ2尾と
ブッチメという結果となっている。
(画像では黒鯛となっているが、本文ではクロソイとなっている。)

謎の魚とされていたブッチメ。
ブッチメ
縞模様がはっきりしているからハマダツだろうか?


キャスティング教室 2
キャスティング教室

岡野寿利氏指導による
キャスティング教室。

受講者は学習院大学竿友会の
石井春夫さん、高塚早規子さん。
キャスティング教室 2

キャスティング教室 連続写真。
実際の雑誌では、7枚の連続写真となっている。
キャスティング教室 連続写真


モデル:高塚早規子さん。
女性キャスター 1

女性キャスター 2


30人のベテランが明かす
当りと合わせ そのカンどころ(原文のまま)
という特集から

千葉磯釣倶楽部会長
江口巌氏による投げのスズキ釣りの記事。
スズキ釣り
ドジョウ引き仕掛けは、
当時ポピュラーだった
玉子浮きを使用したもの。

ルアーは、バケ、弓の他、
当時のヒットルアー、
アブキラーの名があげられている。
現在と違い、自重も軽いルアーなので
オモリを使用している。

釣りによってどのリールを使うか
という記事から、リールの種類の画像。
リールの種類
今ではあまり見かけなくなった
横転リールの画像もある。



応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪


[ 2017/08/14 10:49 ] ノスタルジア、あの頃 | TB(0) | CM(2)

久しぶりの雷魚 の巻


7月12日、飲み物を買いに行った帰り、
O池へ。

くっそ暑いので、
決めたエリアのみ攻める。

ひさしぶりにガボッ!っと
ライギョのアタック。

乗ったものの、バラシ・・・

ひさしぶりだったのに・・・



すこし間をおいてから
同じポイントを攻めると
ガボッとまた出た。

10時22分、ひさしぶりの
雷魚は58cmとやや小ぶりでした。
ライギョ

ヒットルアー:ラバジ+ズーム スイミンチャンク
雷魚

その後、アタリ無く納竿。



応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログ ダム・野池釣りへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪


[ 2017/07/15 00:21 ] 淡水ルアー | TB(0) | CM(2)

フィッシング 1969年12月号 広告編

フィッシング 1969年12月号
広告編


今回は1969年の
フィッシング12月号に掲載された
広告を紹介します。

まずは表紙。
フィッシング 1969年12月号表紙

次は防水時計。
リールと竿の画像がいい感じなので
紹介しました。
ユニバアサル ポールルーター・サブ

1970年冬モデルの
ダイワのフィッシングウェア。
DAIWA fishing wear
昭和な感じが出てます。
タックルは磯っぽいですね。


ロディ釣具のヘラ竿。
ロディ ニュー静
ロディ釣具といえばリールも有名ですが
この広告にもあるように
製造は稲村製作所です。
(後にダイワと合併(吸収?))


大森製作所のダイヤモンド super 1300 V.A
ダイヤモンド super 1300 V

画像を見るとgarcia 2726Bとだけ
見てとれる。
garcia 2726B
検索してみてもヒットせず。
Garcia CONOLON Custom 2726とは酷似しています。
(三平くんがイトウ編で使用していたらしい。)
CONOLONにもBが付くモデルがあったようなので
それかもしれないですね。


良い子の味方、ストロング釣具。
よくセットを見かけましたよね。
お世話になった方も多いのではないでしょうか。
ロンちゃんも有名ですが
この広告にはまだ出てませんね。
ストロング釣具株式会社
スピンキャストはよくみかけましたが
フライなんかもあったんですね。


1970年に倒産した
T.F.R.ワールドの広告。
T.F.R.ワールド



スピニングタイプの電動リール
ミヤエポック 500。
ミヤ エポック 500
引きに応じて巻き取り速度が変化するらしい。
横転リールの3倍以上の力があると書かれている。
(横転リール自体今は幻で知ってる方も少ないと思うが。私も昔持ってました。
単純なベイトリールのような形なんですがフットが回転するので、スピニングのような感じになり、
ラインを押さえてリリースして投げるって感じです。
片方が若干、小さめになっててラインが出やすくなってたような気がします。
まぁ、私の説明では、今の方はわからないと思うので
興味のある方は検索してみてください。


話はそれましたが、ミヤエポックの説明の続き。

説明が怪しすぎる・・・

まず、後ろのイラスト、
関係なくないか?
リール違うし・・・|||||(;´Д`)|||||

「ハゼからマグロまで釣れます。」
と書かれてるが・・・ホントかよ・・・

「耐食、耐水、対衝撃は完璧です」
コマネチ完璧・・・

「トローリングに最適です。」
|||||(;´Д`)|||||

こんな凄い性能のリールが
3万円しないのはお買い得です。(・x・。)



み子ちゃんとつり天狗
み子ちゃんとつり天狗

裏表紙。
ブルーバード 1600SSSクーペ。
昔の日本車は、
みんなフェンダーにサイドミラーが付いてたんだよ。
ブルーバード 1600SSSクーペ




応援ポチ投げキッス↓よろすぃく♪
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

応援ポチ・゜゚(*′ω`人)↓よろすぃく♪


[ 2017/07/08 01:33 ] ノスタルジア、あの頃 | TB(0) | CM(2)